2011年04月01日

読売テッラ 約vol.22

読売テッラ 約vol.22


~まかない~



山菜、ブロッコリー、菜の花、しば海老、この温かい気温と空気を含め


春の訪れはすぐそこ・・のはずだろう。



これは七隈の隠れたイタリアンレストランで働くソムリエの


数奇な人生を物語る日記である。




2010年厄年から難を逃れた今年26歳のソムリエ



店内にある5~6段ほどの階段を1日に




何十往復も繰り返し、自ら椎間板をいじめる




彼はワインと客をこよなく愛し



時に自らそのワインに溺れる事もある。


寡黙なシェフと二人で切り盛りするレストランでは


こういった一面は決して店の外に出ることはない。



そして彼のメンタルは決して強くはない・・



飴細工のごとくジメジメした湿気のようなプレッシャーに弱く



姑問題などの話はとても心を打たれるようだ・・



そして今日もまかないで彼は



「芝海老」を使い

読売テッラ 約vol.22


シンプルなアラビアータソースに芝海老のフリッタを添えたパスタを


構想の下に作っていた


芝海老は見た目通り小ささな身体に


海老そのままの旨味を閉じ込めており


特に殻ごと食べると食感、旨味がいい。


そしてもう一つ


彼はキッチンに立つと勝手に「バンビ~ノ」の主人公に


なりきり、やたら博多弁を使う癖があった。


「ん~よか香りばい・・海老の生命力はハンパなかっ!」



シェフ「・・・」



「香取しゃん!もう少しばい!」



など世界に入り込み



出来上がりは案外普通な事をシェフは隠し続けたという。



続く・・・・。






読売テッラ 約vol.22


最近ではめっきりご無沙汰になってしまったこのシリーズをまた

書いていこうと思います。

ご愛読をお願いします・・murakami



PS: 求人も募集しております!ご連絡下さい092-834-7793


同じカテゴリー(読売テッラ)の記事画像
「世界一周してきます。」
日刊テッラ第6章 ~再会~
日刊テッラ第5章~50℃の奇跡~
日刊テッラ第五章~緊急来日~
日刊テッラ第四章~帰国~
日刊テッラ
同じカテゴリー(読売テッラ)の記事
 「世界一周してきます。」 (2014-01-05 23:35)
 日刊テッラ第6章 ~再会~ (2013-01-30 03:10)
 日刊テッラ第5章~50℃の奇跡~ (2012-05-25 23:48)
 日刊テッラ第五章~緊急来日~ (2012-05-16 00:27)
 日刊テッラ第四章~帰国~ (2012-05-07 00:36)
 日刊テッラ (2012-04-30 00:45)

この記事へのコメント
村上君・・・

雨細工→×


飴細工→○


ガンバってねん
Posted by 3VIVVINO at 2011年04月02日 11:17
お恥ずかしい・・すんません。

頑張ります!
Posted by ラテッララテッラ at 2011年04月02日 18:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。