2011年01月06日

読売テッラ~新春バージョン~

読売テッラ「新春バージョン」


22歳だった・・当時の彼女20歳(現妻)に子供が出来たのは


知らせを聞いたのは1月の雪の舞う夜だった。


入籍前に早すぎた仕込みというか仕事というか・・


両親を連れて彼女の家に行き、神妙な面持ちで


謝りつつ結婚のお願いをした。


人生これからの若い娘の花道を私が奪ったのも事実で


もう結婚か・・と思うと早すぎた気もしたが


これからの事を考えると肝を据える以外に


誠意を見せる術はなかった。



あれから約20年が経った、若い頃から家族を養う事に


尽くし、家のローンは終わり


私の人生も一つここで節目を迎えた気分だ。


あの時に生まれた長女も20歳で成人を迎える


当時の妻を見ているようで、涙で眼鏡が曇った・・・


私は娘にいつも言っている事がある


「物事には順序がある」とその話をしている側から


娘が言った「彼氏を紹介したい。」


私は腰が抜けそうになった


動揺はしなかったが冷静を装い


連れてきなさいと言った。


後日来たのは現代を象徴する日本国男子


娘はこう弁論した


「彼こう見えても真面目でコックさんの卵なの」


彼は七隈にあるLaTerraというレストランのアルバイトで


将来は飲食業を夢見ているとか・・・


口数は少なかったが、将来の夢や希望がある若い子は我々大人が


大切にするべきだと思い彼の熱意だけ伺い帰した。


ちなみに娘への熱意は聞かなかった。


後日、娘の誘いで例のレストランへ行ってみると

読売テッラ~新春バージョン~

シェフから怒られながら黙々と仕事をする彼の姿があった・・

読売テッラ~新春バージョン~

読売テッラ~新春バージョン~

料理も美味しくいい店だったが



彼の怒られながらも真面目に仕事をする姿が



20年前の自分を見ている様でなんとも言えない気持ちになった。



キミのことを認める!とまでは言えないが嫌いではないかもしれない。


もし順序を間違ったら「灰皿にテキーラ」では済まさないつもりだ。



同じカテゴリー(読売テッラ)の記事画像
「世界一周してきます。」
日刊テッラ第6章 ~再会~
日刊テッラ第5章~50℃の奇跡~
日刊テッラ第五章~緊急来日~
日刊テッラ第四章~帰国~
日刊テッラ
同じカテゴリー(読売テッラ)の記事
 「世界一周してきます。」 (2014-01-05 23:35)
 日刊テッラ第6章 ~再会~ (2013-01-30 03:10)
 日刊テッラ第5章~50℃の奇跡~ (2012-05-25 23:48)
 日刊テッラ第五章~緊急来日~ (2012-05-16 00:27)
 日刊テッラ第四章~帰国~ (2012-05-07 00:36)
 日刊テッラ (2012-04-30 00:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。