2017年01月05日

自家製ブレザオラと甘夏。



こんばんは!りかです。

お正月はゆっくり過ごせましたでしょうか?
ラテッラは相も変わらずマイペースに営業しております・・・

自家製ブレザオラと甘夏。
*自家製ブレザオラとリコッタチーズ・ヴィテッロトンナート・鴨のフォアグラのフラン*


さて、今日は昨年からちょいちょい出し始めた
ブレザオラ(左下)というものについて少し。

ブレザオラは、塩漬けの牛肉
赤ワインとハーブを使って熟成させた生ハムのようなもので(一般的な生ハムは豚肉)

イタリアはロンバルディア州のヴァルテッリーナ地方が原産です。

自家製ブレザオラと甘夏。ミラノがある州

お肉本来の甘さと上品な味わいがあるこのブレザオラは
リコッタチーズとルッコラとの相性バツグン!
赤ワインとよく合います。

同じ地方でよく作られている、ブドウのネッビオーロ種を使った赤ワイン
女王「バルバレスコ」などとも言わずもがな相性ピッタリ・・・
いささか、えくすぺんすぃぶ・・・ですが・・・



脂肪分の少ない赤身肉で作るので、
プロテインや鉄分、ミネラル、ビタミンが豊富で
イタリアではダイエット中の方やスポーツ選手に特に好まれるそう。。

お家で作ってみるのもまた楽しそうですね☆







追記

昨日の休憩時間に、甘夏の収穫に行ってきました☆

自家製ブレザオラと甘夏。

ブリッと育った甘夏ちゃん、計63個!
これから地道に皮をむいて仕込んでいきます・・・


そして昨日のディナーは”甘夏風呂”ならぬ
一日限定”甘夏カウンター”に・・・

自家製ブレザオラと甘夏。

お風呂に浮かべる程はやはり香りません・・・
甘夏は、ここから1~2ヶ月ほど追熟させると美味しくなるそうです☆




さて、その63個の甘夏ですが。

収穫後、さぁもって帰るぞという時
持ってきた袋に詰めても1/3程しか入らず、シェフは
「仕方ないな・・・もうこうするしか」
と、おもむろに着ていたジャンパーの襟元へと
甘夏を放り込んでいきました。

どんどん甘夏を飲み込むシェフの赤ジャン。
膨れていくシェフのお腹。


1/3ほどを詰め込んだ所でいっぱいいっぱいに。
その様はまさに6つ子の妊婦(臨月)。


「このまま誰かに会ったら笑わない自信がない」
そう話していたところへ


「あら~いっぱい採れたわね~!!(*´∀`)」

とまさかの地主の奥様登場。(やっぱりね←)

このときシェフはしゃがんでいたので
奥様はまだ気付いていないようだったのですが
微動だにしないシェフに奥様が違和感を持ったその瞬間
先手必勝とばかりにスンッ!!と満面の笑みで立ち上がるシェフ!

奥様は「ぶはッ!!」と吹き出したかと思うと膝から崩れ落ち
その後3人でしばらく笑い転げましたとさ



めでたしめでたし。





同じカテゴリー(日常の事)の記事画像
おせち受付開始しました。
包丁研ぎ職人【坂下勝美】今夜放送!
感謝祭のご報告。
ラ・テッラ10周年パーティのお知らせ
【数量限定】自家製バジルのジェノヴェーゼ、桃のコンポート。
魅惑のカツレツ。
同じカテゴリー(日常の事)の記事
 お知らせ (2019-11-07 18:57)
 おせち受付開始しました。 (2019-10-08 22:33)
 包丁研ぎ職人【坂下勝美】今夜放送! (2019-09-24 14:41)
 感謝祭のご報告。 (2019-09-24 03:38)
 ラ・テッラ10周年パーティのお知らせ (2019-09-17 19:12)
 【数量限定】自家製バジルのジェノヴェーゼ、桃のコンポート。 (2019-09-01 22:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。