2012年09月10日

イタリアの食 第四章~パスタ~

こんばんは、久保です!



今日はイタリアンといったらやっぱりこれ!


イタリアの食 第四章~パスタ~

「パスタ」を紹介したいと思います。




現在、イタリアには数多くのパスタやパスタ料理があります。



その起源は色々な説がありますが、一番有力なもので古代ローマ時代に食べられていた「プルテス」と言う料理が元祖なのではないかといわれています。



それは小麦粉やキビなどの穀物をお粥の様に煮込んだものでした。



プルテスを平らに焼いて今で言うタリアテッレのように切って作った「テスタロイ」と言う食べ物もありました。



その後、16世紀半ばナポリでは飢饉の備えとして乾燥パスタが大量に作られ民衆にも普及していきました。




17世紀トマトの普及によりソースと絡めて食べるという現代の形になっていきました。




その頃から押し出し器を使って早くて簡単につくれるパスタは人気となり、特にナポリのパスタは有名になりました。




その後の産業革命により「パスタ」言う料理は世界中に広まっていきました。






La terra も種類オイルソース、トマトソース、手打ちパスタ、贅沢なパスタまで数多くのパスタを揃えています!


ぜひ好みのパスタを探しに来て下さい!

イタリアの食 第四章~パスタ~

イタリアの食 第四章~パスタ~

イタリアの食 第四章~パスタ~




Posted by ラテッラ at 22:38│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。