2012年08月31日

イタリアの食 第二章~イチジク~

こんばんは、久保です。




今日は、今が、旬のイチジクについて紹介しようと思います!
イタリアの食 第二章~イチジク~


イチジクはアラビア半島が原産地といわれアジア、スペイン、ポルトガル、ギリシャと渡ってイタリア半島に伝わりました。



イタリアでは、イチジクの木はワインの神バッカスによって伝えられたとされ、非常に神聖なものとして毎年最初に収穫されたイチジクはバッカスの神殿に奉納されていました。



また、疲労回復に効果的で、若者の体力を高め、老人の健康を維持し、シワを減らすといわれ昔から、重宝されました。




La terra では、そのイチジクをイタリアはパルマより届いた生ハムと一緒に食べていただく
「パルマ産生ハムと黒イチジク」と言うメニューがあります。



是非ワインのおつまみにいかがでしょうか?



Posted by ラテッラ at 00:32│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。