2010年12月17日

読売テッラvol.13

読売テッラ.vol 13


ノンフィクション・コンテス・ド・ラランド




彼女と初めて会ったのはかれこれ1年前、とあるマニアの集うワインバーだった



カウンターで独り愛おしそうにブルゴーニュのグラスを回し見つめては



香りを確かめ小さなグラスの中にある世界を知りたがっていた。



開かないワインも彼女にとっては一つの世界で、とにかく楽しそうにワインを味わう姿を



そのシャトーの醸造責任者が見たらきっと喜んで畑へ案内するはずだ。



時は過ぎある1本の電話がなった・・・



彼女だった、あの店常連仲間とLaTerraへ食事会の予約だった。




当日・・1年ぶりに会った彼女はまるでしっとりとした大人の女性になっていた




冬の名物ジビエを取り入れたシェフのコースがスタートし



読売テッラvol.13





この冬の名物料理も登場。



そして今日の目玉読売テッラvol.13


「シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド78’」


持ち込んで頂いた方の管理が良かったのだろう



飲んだ瞬間、気が遠くなるほど素晴らしかった。



形のない宝石ともいえるほどの香りとしっとりとした口当たりに



皆息をのんだ。。。



世の中は広くそして



今日も彼女の手元の小さなグラスの中には輝く大きな世界があった。


読売テッラvol.13



読売テッラ

今回はお客様の希望によりご本人が出演しています。






同じカテゴリー(読売テッラ)の記事画像
「世界一周してきます。」
日刊テッラ第6章 ~再会~
日刊テッラ第5章~50℃の奇跡~
日刊テッラ第五章~緊急来日~
日刊テッラ第四章~帰国~
日刊テッラ
同じカテゴリー(読売テッラ)の記事
 「世界一周してきます。」 (2014-01-05 23:35)
 日刊テッラ第6章 ~再会~ (2013-01-30 03:10)
 日刊テッラ第5章~50℃の奇跡~ (2012-05-25 23:48)
 日刊テッラ第五章~緊急来日~ (2012-05-16 00:27)
 日刊テッラ第四章~帰国~ (2012-05-07 00:36)
 日刊テッラ (2012-04-30 00:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。