2019年05月12日

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。



こんばんは!りかです。
お昼は汗ばむ気候になってきましたね。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。

今日はお客さまとの話題になったお紅茶について。


淹れ方については、色々と勉強し直しては
シェフに飲み比べてみてもらったりするのですが

「とっても香りが良くて美味しい!」とよくお褒めいただく
今現在のラ・テッラ式を、至極簡単にご紹介しようかと・・・

簡単にお家で出来ます( ̄ー+ ̄)キラリ



~美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント~


さて、まずは使用する器具から。


① 鉄分の含まれたポットは使わない

鉄分を含むポットの使用は、
紅茶のタンニンが鉄分と化合して
香味を損なうばかりでなく、紅茶の色を黒っぽくしてしまいます。

陶磁器や銀製、ガラス製等のティーポットを使いましょう。
もちろん緑茶用の急須でもオッケー。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。


② 汲みたての軟水を使う


汲みたてと、そうでない水の違いはズバリ!
「空気含有量」
です。

ずっと沸騰させたままにしたお湯や、
再沸騰させたお湯は使わないこと。


これが後のジャンピングという現象にも大きく関わってくる重大な案件。



紅茶には軟水が最適ですが

幸い日本は軟水に恵まれているので、
「水道水の蛇口からシャー」
で軟水&汲みたてなのでオッケーです。

しかしながら水道水だと塩素が含まれているため、
水出しアイスティーを作る場合も、一度沸騰させてくださいね。


市販のナチュラルミネラルウォーターは、
外国産であれば大体「硬水」なので
お茶淹れには向いておりません・・・

裏の成分表記で確認してみましょう。

●軟  水 :0~100mg/l 未満
●中硬水 :100mg以上~300mg/l 未満
●硬  水 :300mg/l 以上




③ 沸騰直後のお湯を使う



お湯は沸騰直後の100℃が最適
5円玉くらいの泡がポコポコ出ている状態が目安です。

お湯の温度によって、茶葉から出てくる成分が異なっていて

渋み成分のカテキンは、80度以上の高温で
旨み成分のアミノ酸は、50度以上の低温で
溶け出しやすいとされています。

香りが特徴の紅茶は100度の熱湯で、
香りや渋みの成分を引き出す、ということになります。






さて、ここからはお茶を淹れていきます。

まずは


④熱湯でティーポット・カップを温める


高い温度をなるべく保つことで、味も香りも時間内にバランスよく抽出されます。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。

温まったら中のお湯を捨て、
茶葉を計ります。


⑤一人あたりティースプーン1杯(2~3g)

人数分の茶葉を入れます。
細かい茶葉は中盛、大きい茶葉は大盛を目安にして計りましょう。

いつも同じスプーンを使う、というのも
安定した味を出すポイントです。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。

一人あたり、サーティーワンのスプーンで山盛り2杯。(フルリーフ・OPの場合)

さぁ、まずはアイスを買ってきましょう。←


⑥淹れ方と抽出時間

いよいよ淹れていきます。



細かいブロークンタイプは2~3分、
大きいリーフタイプなら3分じっくり抽出時間を取りましょう。

上の写真の大きさくらいの茶葉であれば、2分30秒。


紅茶には等級(グレード)がありますが、
これは品質の善し悪しを表すものではなく

茶葉のサイズや形状を表すもの
です。

細かく知りたい方はこちらへ。
https://www.british-made.jp/stories/gourmet/2014091700218


ラ・テッラではフルリーフ、オレンジペコーを使っています。




温めたポットとティーカップ、計量した茶葉、沸騰したお湯が揃ったらスタートです。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。


「なるべく一気に茶葉に浸からせた方が良い」ので、

ちょろちょろ・・・と注ぐのではなく、ドボボボ!と。


これは少し我流ですが

温めたポットに熱湯を注ぎ、

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。

そこに茶葉を入れたフィルターを投入します。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。

そしてすぐにフタ!と同時に、タイマースタート。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。

ガラスのティーポットを使われている方は、横から見てみましょう。



茶葉が上下に浮遊する、ジャンピングという現象が起きています。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。

そしてよくよく見ると、茶葉に小さな気泡がくっついています。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。

汲みたて=酸素含有量の多いお湯なので、その酸素が付着しています。

これが、茶葉からお湯へ旨みや香りを引き出してくれるのだそう。

また、温度が低いとジャンピングが起こりません。



ちなみに、ティーパックでも同じ現象が起こります。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。

あとは、抽出をじっくり待ちます。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。

タイマーが鳴ったら、茶葉を引き上げます。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。

茶葉から滴る紅茶を、最後の一滴まで見届けましょう。

これは「ゴールデンドロップ」と呼ばれ、特に香りが良い紅茶なので

すぐ捨ててしまうのは非常にモッタイナイです。





さ!紅茶が入りましたよ。

お待たせ致しました。

美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。
*アールグレイ*


このアールグレイ、これからの季節はアイスティーもおすすめですicon12



アールグレイティー“Earl Grey”

アールグレイティーは、ベルガモットの表皮から抽出した香油(オイル)を中国系茶葉に吹き付けたフレーバーティーです。
アイスティーにすると一段と特徴が引き立ちます。

アールグレイは、1830年代のイギリスの宰相、チャールズ・グレイ伯爵の名前に由来します(アールは“伯爵”の意)。イギリスから中国へ派遣された外交使節団の一員によって持ち帰られ、大の紅茶好きであったグレイ伯爵に献上されました。伯爵は、この珍しい特殊なフレーバーティーをこよなく愛したことから「アールグレイティー」と呼ばれるようになりました。






体にやさしいイタリアンレストラン
LaTerra(ラ・テッラ)
Tel: 092-834-7793

定休日: 毎週水曜・第3火曜
営業時間: ランチ 11:30~14:00 (L.O.) 
        ディナー 18:00~22:00 (L.O.)
住所: 〒814-0133 福岡県福岡市城南区七隈4-1-9
駐車場: なし (近くにコインパーキング有ります)
最寄駅: 地下鉄七隈線 金山駅から徒歩3分

ホームページ: http://la-terra.info/
ブログ: http://laterra.yoka-yoka.jp/
インスタグラム: https://www.instagram.com/laterra.2009/
フェイスブック: https://www.facebook.com/pages/La-Terra/112787718814718?hc_ref=SEARCH
ツイッター: https://twitter.com/LaTerra8347793 


美味しい紅茶を淹れるための6つのポイント。



同じカテゴリー(料理とワイン)の記事画像
思考力は行動力。
もっとずっと、美味しいクラフトビール。
フレッシュサマーポルチーニ、入荷しました。
UberEatsの情報はすでにキャッチしていますか?
食して感じる、料理の手間ひま。
新作ドルチェ。
同じカテゴリー(料理とワイン)の記事
 思考力は行動力。 (2019-06-16 02:10)
 もっとずっと、美味しいクラフトビール。 (2019-06-12 02:12)
 フレッシュサマーポルチーニ、入荷しました。 (2019-06-05 00:06)
 UberEatsの情報はすでにキャッチしていますか? (2019-06-04 02:49)
 食して感じる、料理の手間ひま。 (2019-06-01 23:59)
 新作ドルチェ。 (2019-05-30 19:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。