2014年01月15日

黒い雄鶏の伝説。




こんばんは!りかです。



今日はかなり久しぶりに、遠くから

ワイン業者の方が試飲会にいらしてくださいましたicon12

九州地区はテッラが一番目!ということで

全て開けたてのフレッシュワイン☆

黒い雄鶏の伝説。 
キュッキュッ



黒い雄鶏の伝説。
ズラーッ



さて、全部出揃いました。

今日は面白いのが多かったです(゜∀゜*)



まずは、サッカーファンには堪らない一本。



今が旬!「A.C.ミラン」のオフィシャルワイン。

黒い雄鶏の伝説。 

手前の白はシャルドネ種100%、すっきりドライでとても美味しい。

もし本田選手が、「これが美味くて、よく飲むんです」とサラッと言えば

もう手に入らないくらいになるんでしょうね・・・face07恐るべし。





そして、こちらは

以前紹介した「Pazzia」の、新しいエチケットです。

黒い雄鶏の伝説。 

一見、黒くシックな感じですが


画像編集後を御覧下さい。


↓ ↓ ↓


黒い雄鶏の伝説。 
じゃーん!


そう、これは

「クレイジー」という言葉を、色々な言語で書いてあるのです!

左下には「夢中」とありますね。

夢中=クレイジー”というのも面白いです☆




今回仕入れたのはこの中にはありませんが、

また入荷次第ご紹介します!






追記



キャンティについて。



キャンティ・クラシコ協会の基準を満たしたワインには、

この黒い鶏のマークを付けての販売が許可されます。


黒い雄鶏の伝説。

御覧になったことはありますか?


その基準として、収穫量や醸造法などが制限され

サンジョヴェーゼを80%以上使用することなどが必須となるのです。


今日は、この鶏「ガッロ・ネロ」のおはなし。




~黒い雄鶏の伝説~

時は、中世ヨーロッパ。

イタリアの真ん中にあるトスカーナでは

フィレンツェとシエナの2つの都市が、領土争いをしていました。



ある時、その争いを終わらせるために

鶏の朝一番の鳴き声で両軍から騎士を走らせ

出会ったところで境界線を引く、

という取り決めがされました。



勝負の日の何日か前

シエナは白い鶏を選び、当日の朝を待ちました。


一方、フィレンツェは黒い鶏を選びましたが

前の日から餌を与えませんでした。


そのため、鶏はお腹をすかせて夜明け前に鳴き声を上げ、

その合図でシエナより数時間前に出発。



結果的に、大部分の領土をフィレンツェが獲得しました。


その後、この地方では幸運と成功の象徴として、黒い鶏の話が伝説となったのです。。




・・・・・





うちの店にも、います。

黒い雄鶏の伝説。 





同じカテゴリー(料理とワイン)の記事画像
ムシムシした一日ご苦労様です!
おうち時間いかがお過ごしでしょうか。
テイクアウトメニューのご案内。
おせち受付開始しました。
【数量限定】自家製バジルのジェノヴェーゼ、桃のコンポート。
魅惑のカツレツ。
同じカテゴリー(料理とワイン)の記事
 ムシムシした一日ご苦労様です! (2020-05-03 20:37)
 おうち時間いかがお過ごしでしょうか。 (2020-04-26 21:39)
 テイクアウトメニューのご案内。 (2020-04-09 14:23)
 おせち受付開始しました。 (2019-10-08 22:33)
 【数量限定】自家製バジルのジェノヴェーゼ、桃のコンポート。 (2019-09-01 22:28)
 魅惑のカツレツ。 (2019-08-17 03:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。