2013年08月05日

ダル・ペスカトーレ。



こんばんは!りかです。
今日はイタリア研修について少し

今まではしょうもない事ばっかり書いてましたが(笑)
「研修」とはよく言ったもので、本当にレストラン巡りがほとんどの
まさに食の旅でした。




その中で、あまりにも感動して
人生で初めて心の底から大好きになったお店が一軒

その名も


ダル・ペスカトーレ(Dal Pescatore)



北イタリアはロンバルディア州にあるリストランテ。

ここ10数年ずっとミシュランで星3つを維持し続けている老舗で
シェフは2回目の来店でした。


ダル・ペスカトーレ。
田舎家風の入り口から中にはいると、

ダル・ペスカトーレ。
磨き抜かれたデザインの内装が迎えてくれ、まさに別世界。。

そんな待合い室から席へ移ると
ダル・ペスカトーレ。
席からは美しい庭が広がっておりました・・・

ダル・ペスカトーレ。
サービスしていただいたのは
世界一のサービスマン&ソムリエ、「MOTO」さんこと林さん!

世界一、、icon196!!
コメントは控えておきます(長くなるので笑)

凄く、素敵でした。

ダル・ペスカトーレ。
食前酒を飲みながら・・・

ダル・ペスカトーレ。
つまみーの・・・

お食事スタート!
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。
ダル・ペスカトーレ。




本当に、本当にどれも洗練されたお料理でしたが
根底にあるものはやはり心のこもったマンマの味。

そんな気がしました。

家族経営ならではの、お店に流れる独特の温かい雰囲気は
あまりの心地よさに、「このまま泊まってしまいたい・・・!!」とずっと思ってしまうほど。←



良い経験を
ありがとうございました。。

ダル・ペスカトーレ。


また行きます。



同じカテゴリー(料理とワイン)の記事画像
おせち受付開始しました。
【数量限定】自家製バジルのジェノヴェーゼ、桃のコンポート。
魅惑のカツレツ。
クラフトビール第3弾&初めての猪解体。
見苦しさの代償。
結婚パーティー!
同じカテゴリー(料理とワイン)の記事
 おせち受付開始しました。 (2019-10-08 22:33)
 【数量限定】自家製バジルのジェノヴェーゼ、桃のコンポート。 (2019-09-01 22:28)
 魅惑のカツレツ。 (2019-08-17 03:47)
 クラフトビール第3弾&初めての猪解体。 (2019-08-03 01:42)
 見苦しさの代償。 (2019-07-26 01:36)
 結婚パーティー! (2019-07-23 02:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。