2011年04月07日

Terraの休日

こんにちワン


先日の店休日は某フレンチにて


シェフと私そしてT氏率いる会計士軍団との会食でした


私にとっては念願のT氏との食事でございます!




写真はT氏と美人担当KG、本当はその左にハイキャリ会計士Theヤマ氏も・・・


しかし、私が端折ってしまったので写ってなくてすんません。。



そして、T氏のマイセラーからセレクトされたワイン

シャンパーニュ



このSt.ミリオンもメインとの相性がよかったです(チラッとTheヤマ氏)



私とシェフはいつもの調子で酔っ払いました・・

申し訳ぇ・・




あっという間に時間は過ぎましたがお料理もワインも美味しかったですicon97  


Posted by ラテッラ at 23:42Comments(0)元マネ日誌

2011年04月05日

ミーチング

時にLaTerraではミーティングならぬミーチングをします

2人しかいませんのでこれといって長くはなりませんが


昨日はシェフは試飲会にいけずお留守番だったので

私のマイセラーから持ってきたワインで

仮の試飲会しました。


フランスワインです

カベルネ主体のガシガシした感じですな・・

「足りん!」と言うことで

シェフのマイセラーから

「トルコ産ワイン」



なんとも表現の難しいワインでした

テイストはネッビオーロ90%ピノ10%みたいな不思議なワイン

酒の席では大体

私がシェフになります

色々思うがままに作り続けます


言うほどの物は作りませんが・・

そして



シェフが昨日仕込んだブロードの



残りのがらを水で煮て


漉して



最後は真空機にかけて冷凍して私のまかないに使います・・



「よか味しとるばい・・」




シェフ人生初の二黄玉子






  


Posted by ラテッラ at 23:14Comments(1)元マネ日誌

2011年04月04日

試飲

本日は試飲会でした


明日も同じところであるのですが・・

もちろん明日も行く予定です

   

師匠来てなかったなぁ~



最近では外でも色んな方が

「ブログいつも見てるよ!」

とか言ってくれるので嬉しいですね


お客さんだったり、同業者や近所の人まで・・



今シェフはチキンコンソメを仕込んでます



忙しそう・・


これとティラミスを仕込んでる最中は


何故か

お客さんが来ません


ミステリーです


さようなライオン。  


Posted by ラテッラ at 21:39Comments(0)元マネ日誌

2011年04月03日

私の休日(食べ歩き編)

最近お客さんから


「村上くん休日はなにしてるの?」


とよく聞かれますので


本日はさらっと私の休日をまとめてみました・・


この日は

薬院のYANASEの近くにあるイタリアンのランチに行きました

軽く食べるつもりだったのですが・・



止まらなくなり・・飲んでしまった。


また別の日では

同じ城南区のビストロで



この綺麗な方に勧められるがままに

シチリアの赤をどっぷり。。


普段から運動はしていますが

温かくなると外出やお酒を飲む機会が増えて

いけませんな。。

では最近流行りのこの言葉でお別れです



さようなライオン。  


Posted by ラテッラ at 22:32Comments(2)元マネ日誌

2011年04月03日

魚屋「すみや」

こんにちワン。


本日の魚屋さんは特集です




ちょっと小ぶりだったので遠慮しましたが

かなり綺麗なイワシですわ



そのまま焼いて美味そうなあげ巻貝やね


大きなアラカブだったり・・

やっぱりここは品揃え豊富ですなぁ

いつもありがとうウサギ!  


Posted by ラテッラ at 00:31Comments(0)元マネ日誌

2011年04月01日

読売テッラ 約vol.22

読売テッラ 約vol.22


~まかない~



山菜、ブロッコリー、菜の花、しば海老、この温かい気温と空気を含め


春の訪れはすぐそこ・・のはずだろう。



これは七隈の隠れたイタリアンレストランで働くソムリエの


数奇な人生を物語る日記である。




2010年厄年から難を逃れた今年26歳のソムリエ



店内にある5~6段ほどの階段を1日に




何十往復も繰り返し、自ら椎間板をいじめる




彼はワインと客をこよなく愛し



時に自らそのワインに溺れる事もある。


寡黙なシェフと二人で切り盛りするレストランでは


こういった一面は決して店の外に出ることはない。



そして彼のメンタルは決して強くはない・・



飴細工のごとくジメジメした湿気のようなプレッシャーに弱く



姑問題などの話はとても心を打たれるようだ・・



そして今日もまかないで彼は



「芝海老」を使い




シンプルなアラビアータソースに芝海老のフリッタを添えたパスタを


構想の下に作っていた


芝海老は見た目通り小ささな身体に


海老そのままの旨味を閉じ込めており


特に殻ごと食べると食感、旨味がいい。


そしてもう一つ


彼はキッチンに立つと勝手に「バンビ~ノ」の主人公に


なりきり、やたら博多弁を使う癖があった。


「ん~よか香りばい・・海老の生命力はハンパなかっ!」



シェフ「・・・」



「香取しゃん!もう少しばい!」



など世界に入り込み



出来上がりは案外普通な事をシェフは隠し続けたという。



続く・・・・。






読売テッラ 約vol.22


最近ではめっきりご無沙汰になってしまったこのシリーズをまた

書いていこうと思います。

ご愛読をお願いします・・murakami



PS: 求人も募集しております!ご連絡下さい092-834-7793  


Posted by ラテッラ at 22:28Comments(2)読売テッラ