2018年08月05日

出発日。


イタリア紀行vol.2
エミリアロマーニャ州~出発編~


ワクワクも最高潮の当日の朝。

必要最低限の物だけをババッと詰めて、

石窯にしばしの別れを告げお店を後にしました。



スーツケースは7割空っぽで、重量10キロくらい。

「どんな物でいっぱいになるんだろう・・・」

というワクワクが詰まっております。ワクワク。





まずは福岡空港で家族と合流。


やたら荷物を重そうに押している母・・・

姉「お母さんのスーツケース、もう既に20キロ越えてる。

ええっ!!Σ( ̄■ ̄;

私「何持ってきたのそんなに」

母「何か色々心配になっちゃって・・・(・ω・`)」

私「ていうかなにその大きい手荷物」



母「子供用と大人用の、お菓子・・・



多っ!!Σ( ̄■ ̄;

私「イタリアでお菓子パーティでもするんですか・・・」

母「重たいから食べてくれん?ほらこっちが大人用」

私「うーん・・・いただきまーす

シェフ「食うんかい。」

父「・・・寧ろ足りないんじゃない・・・」





姉「このスーツケース、最近マット加工してもらったばっかりだからなー。
カバーした方が傷付かないかな・・・」

私「あー。まぁ気休めと思って使ってみたら?」

姉「うん、じゃあ買ってくる!!」


~10分後~


早速装着してみる。


姉「くっ・・・何これ入らん・・・」

父「いや、引っ張りすぎやろう」





シェフ「なんかレオタードみたい・・・プルプル」←笑ってる


意外と保護力が高かったレオタード。

荷物受け取りの時がちょっぴり恥ずかしい。






福岡からトランジットの香港へ

ラウンジに入り早速おり紙を折る。
ヒマさえあれば折る。
寝落ちしながら折る。


前回、チップと一緒にさりげなく置いておいたら

とても喜んでくれることが多かったのです・・・



忍者とか富士山、アニメも大好きなイタリアの方々。

鼻セレブや可愛い柄のポケットティッシュや、
日本製のボールペンなんかも喜ばれます。

Made in Japanの素晴らしさを感じる瞬間ですね・・・


段々と飽きてきた頃
ユーチューブを見つつ作ったのがこれ



一個でギブ_| ̄|○


甥っ子にあげたら3分で飽きられた・・・(・ω・`)





シェフが見てない時に、よくシェフをじーっと見ている甥っ子。
(`・ω・´)ジー




シェフが振り向くと、そっぽを向いてニヤニヤする。笑






さて、次はいよいよイタリア到着です!



~つづく~




同じカテゴリー(旅行記)の記事画像
ピアディーナ。
イタリアの台所。
数量限定!ラザニア。
プロローグ。
トウモロコシの冷製スープ。
生ハムの王様の聖地にて。
同じカテゴリー(旅行記)の記事
 ピアディーナ。 (2018-08-05 01:50)
 イタリアの台所。 (2018-06-26 12:22)
 数量限定!ラザニア。 (2018-06-24 00:07)
 プロローグ。 (2018-06-24 00:01)
 トウモロコシの冷製スープ。 (2018-06-19 12:08)
 生ハムの王様の聖地にて。 (2018-06-04 02:52)

Posted by ラテッラ at 01:44│Comments(0)旅行記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。