2018年03月05日

滅亡と回復の話をしよう。



麗らかな春の空を眺めた朝。

「こんな日は1秒足りとも部屋にいてはいけない」と、わくわくした顔で断言するシェフ…

1秒足りとも外に出られなかった一日でしたが(笑)


本日もありがとうございました。


*水ナスのカルパッチョ*




週末頑張った
ご褒美マンガの書き出し。


 *  *  *  *  *


【滅亡と回復の話をしよう】

フランス革命で王政が滅びた時
宮廷料理人には2つの選択肢があった

ある者は貴族達と海外に
そしてある者はパリの街に

まずスープの店が生まれた
店の名前は「回復する食事」
フランス語で「Restaurant」

やがて店はメニューを増やし
芸術的に昇華していく

だが始まりは「回復の食事」

身体だけではない

傷ついた心と魂のためにこそ
「レストラン」は生まれたのだ







これから初めて読むのですが
最初の2ページで心掴まれました←
楽しみです…!





同じカテゴリー(料理とワイン)の記事画像
ラ・テッラ1月店休日。
お正月特別ランチコース。
鯛焼きと、大掃除。
クリスマス特別コース、2018。
季節外れのジェノヴェーゼ。
バレリーナの苦悩。
同じカテゴリー(料理とワイン)の記事
 ラ・テッラ1月店休日。 (2019-01-06 23:39)
 お正月特別ランチコース。 (2019-01-03 13:00)
 鯛焼きと、大掃除。 (2018-12-28 02:49)
 クリスマス特別コース、2018。 (2018-12-27 01:50)
 季節外れのジェノヴェーゼ。 (2018-12-16 23:26)
 バレリーナの苦悩。 (2018-12-09 22:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。