2017年03月08日

久しぶりの旅行記。





灯油の買い足しに行くか悩んでいる今日この頃。
無くなっちゃう前に暖かくなったらいいんですが…


*熊本県阿蘇自然豚(ドライエイジング)


今日は一つお知らせがあります。


先月、私が作った定休日のお知らせが
間違っていることに今日気付きました・・・
申し訳ありません!

しかし変更はせず、以前から掲示していた
下記の日程通りで3月のお休みを頂こうと思います。



第3火曜日は本当は21日・・・。

既に沢山の方が見られていたり写真に収められたりしていたので
上記のまま14(火)がお休みです。
ややこしや~ですが・・・すみません・・・



そして、明日は定休日(8日)です。
取引業者さんの展示会がほとんどかな。ワクワク

面白いものがあったらご紹介しますね☆




 *  *  *  *  *  *


~プーリア研修記 食事編~

旅行写真を見ていたら久しぶりに書きたくなりました。
書くのは5日目のディナーに行ったお店。

プーリア州はチェリエ・メッサーピカにあるリストランテ
「アル・フォルネッロ・ダリッチ」

ある程度レストランから近い宿を取り、
時間にかなり余裕を持って出発。
散策がてら歩いて行きました・・・













なかなか着かない・・・

タクシーで行けばすぐなのにね。
それをせずいつも住民の方々に聞きまくって目指します。
それもまた楽しかったり。


この先にレストランがあると確信して進むシェフ。
壁のような傾斜の坂道!

結局、この道じゃなかったです←

豪邸に住んでる番犬たちが各家庭から
わらわらと5匹くらい出てきて、全速力で逃げ帰ってきました。
リストランテ用の正装で全速力する滑稽さといったらもう←

いや、普通に怖かった。
良い仕事してるねぇ、番犬くん達・・・



なんて事を話しながら、
歩道のない大通りなんかを歩きながら
無事到着。

空がだいぶ暗いのが時間の経過を物語っております・・・



レストランの前は車がずらっと並んでいて。
そりゃそうだよ!ここ歩いて来るような道じゃなかったもんね!笑

ちょっと疲れたな・・・
とか思ってると、サービスのお兄さんが察してくれたのか
優しく柔らかい物腰で出迎えてくれました。
その笑顔ですごくホッとした。
このお兄さんが本当に最初から最後まで
凄く良くしてくださったおかげで、楽しい食事になったなぁ~
という記憶があります。




さて、店内に入ると、別世界が広がっておりました・・・



・・・・・!!!
ペー・パー夫妻が今にもカメラ持って出てきそう。
でも上品さもあって、イタリア人がそこに馴染んでいるのはさすが。
見渡すと映画みたいな世界でした。まぁまぁのロココ。



一番最初に、ウェルカムドリンクとして
地元で作られたロゼワインを注いでくださいました。

これまたキリッと冷えてて風味豊かでめちゃ美味しい。
おつまみのフリットなんかも出てきて・・・



これらをつまみながらメニューを決めてください、という感じ。
ちなみにこのロゼワインは際限なく勧めてくるので要注意←

さてと、とメニューを見る。



まさかの手書き!!!
分かりにくっ!!!←

旅行も終盤で、メニューくらいはある程度
読めるようになったなーなんて調子こいてたらこれです。笑

ここはシェフに全部おまかせして頼んでもらいました。


今見てもよくわからん笑

コースで、前菜盛り合わせと
パスタ、メイン。が決定。


早速お料理が始まります・・・♪


自家製の生ハム。


自家製パン。タラッリは欠かせない。
このパンたちを最初に食べ過ぎると後で後悔します・・・
でもシェフにつられていつも食べちゃう←


前菜盛り合わせ6種。


前菜。


前菜。

くそっ、こんなに前菜が多いなんて誤算だ・・・!
パン食べ過ぎた!←



ここで出会ったのがこの白ワイン!
日本には少量しか入荷されていなくて、
赤は手に入ったんですが、白は未だ探し中・・・。



後半戦、パスタとお肉。



さすがリストランテ、というお味・・・旨い!




 


 


ドルチェの写真がなくお茶菓子の写真があるということは、
多分ギブアップしたんでしょう。。



また日本のお土産でも持ってあの兄ちゃんに会いに行けたらいいな!



んでもって、
今度はタクシーで行きたいな。笑







  


Posted by ラテッラ at 01:26Comments(0)料理とワイン旅行記

2016年11月06日

鰹のワラ焼きカルパッチョ。


こんばんは、りかです。
最近よく出るディナーメニュー。


*鰹のカルパッチョ*

藁焼きです。お店で!乁(°∀°)厂

初めてその現場を目撃したのですが
ワラの燃えやすさとその秘めたるエネルギーに、唖然。←


*イメージ図*

「火事」

の二文字が頭をよぎりました笑

でも安心してください
鰹は美味しく仕上がってますヨッ(b・ω・)bグッ




おまけ写真

南イタリアはプーリア州
マテーラの洞窟住居群
”サッシ”






 

  


・・・ * : * : * ・・・

※ 終日貸切 ・・・ 11月19日(土)
   ランチ・ディナー共に貸切営業となります。



13(日)ランチは臨時休業です。
23(水・祝)は営業いたしております。




ご予約受付中!

 「ラ・テッラ X'masスペシャルコース」

12月23(金・祝)・24(土)・25(日)

ランチコース・・・3,500円
ディナーコース・・・8,000円


今年は連休期間なので、ご予約はお早めが吉!


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ラ・テッラ特製イタリアンおせち2017」

七寸(21.2cm )×3段重箱 10食限定
手間と時間をかけ、心を込めて丁寧に作った作りたてのおせちですicon12

【¥25000+消費税】 受付12月20日締切

写真等はコチラから↓
http://laterra.yoka-yoka.jp/e1962103.html


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


体にやさしいイタリアンレストラン
LaTerra(ラ・テッラ)
Tel: 092-834-7793
定休日: 毎週水曜
       第3火曜(3回目の火曜日)
営業時間: ランチ 11:30~14:00 (L.O.) 
        ディナー 18:00~22:00 (L.O.)
住所: 〒814-0133 福岡県福岡市城南区七隈4-1-9
駐車場: なし(近くにコインパーキング有ります)
最寄駅: 地下鉄七隈線 金山駅から徒歩3分

ホームページ: http://la-terra.info/
ブログ: http://laterra.yoka-yoka.jp/
インスタグラム: https://www.instagram.com/laterra.2009/
フェイスブック: https://www.facebook.com/pages/La-Terra/112787718814718?hc_ref=SEARCH


  ・・・ * : * : * ・・・

参照*http://www.aiosl.jp/

  


Posted by ラテッラ at 23:37Comments(0)料理とワイン旅行記

2016年09月17日

マンマのオレキエッテ。


こんばんは!りかです。


*バーリ海岸線の夕暮れ*

バーリにて、町中を散策中
とあるお家の前で見つけたもの。それは・・・



手打ちパスタ!!!

各家庭の前にこんな感じで、それぞれ置いてありました。


一見、可愛いお店みたいですよねー。
この日は天気も良くて、よく乾燥しそうな感じでした。



この家は・・・オレキエッテ!!

そうですそうです、あの耳たぶの形したパスタです。
郷土料理のオレキエッテ・プーリエーゼに使われるやつです。



なーんて、感動してたら、中からマンマが顔を出してきて・・・

「あっすみません、こんにちは。
これは貴方が作られたんですか?」と聞くと


「今ちょうど作ってるところだったのよ。
中に入って見ていく?」

まじか!おじゃましまーっす!←


お家の中に上げて頂いて、見せてくださいました。

凄い。なんていうか・・・とにかく速い!!!
1秒に1~2個くらいのペースでオレキエッテが出来上がってる。

生で味見させられましたが、案外美味しい。
生の小麦粉なんでお腹は不安でしたが(笑)



よくよく聞いてみれば、この方は
近くの市場で売るためのパスタを仕込んでいた模様。

え・・・それってもしかして・・・



そう、お察しの通り。言われましたよ。

「それで、どのくらい買っていく?(・∀・*)ホクホク

いや、買うなんて言ってn・・・(;´д`)

でもまぁ、色々教えてくれたし、見せてくれたしいっか。。
ということで、出来上がったパスタと粉を購入。



「なんでそんな少ししか買わないの?」

「いや、スーツケースも荷物も結構パンパンなので・・・」

それもそのはず、帰るのは明日。

ちょっとガッカリした様子でした。ごめんねー・・・
後日考え直すと、かなり安かったです、この粉とパスタ。

商売とはいえ、これもまた貴重な一つの出会いでした☆





  


Posted by ラテッラ at 04:10Comments(0)旅行記

2016年09月09日

アルベロベッロ。

こんばんは、りかです。



仕事終わりに、イタリアで助けて頂いたご家族が作っているワインを飲んでいたら
色んな思い出が蘇ってきてなんだか目頭が熱い。



飲みやすくて軽~いテーブルワイン、この時はかなりの常温だったんですが
すごく美味しく感じた理由は、アモーレに違いない。。


6/13 「遭難しかけた件。」
http://laterra.yoka-yoka.jp/e1948117.html





と、イタリアを思い出したところで

今日はアルベロベッロに一泊した時の風景写真を載せようと思います。


世界遺産アルベロベッロ(Alberobello)を詳しく知りたい方はこちら↓
http://www.amoitalia.com/alberobello/
*アーモイタリア旅行ガイド*








息を飲む、清々しいスカイブルー。



幻想的な町並み。



外国人もイタリア人も写真に夢中。



お土産屋。観光地なだけあって高い・・・




ナッツやひよこ豆など、沢山の種類の豆を売っている所。
たいがいの豆はここで揃いそう。


シェフ物色中







本日の宿





屋根の内側はこんな感じ。今はしっかりと固められていました。

  



冷暖房完備。お風呂場もとても綺麗。







いつか買いたいベスパ!可愛いなぁ







アルベロベッロの町並み、いかがでしたでしょうか。

ここは日本人観光客も沢山いて、ちょっとびっくりな町でした。
さすが、世界遺産。


  


Posted by ラテッラ at 00:56Comments(0)旅行記

2016年08月07日

ストラッチャテッラ。


「終わりというものはない。始まりというものもない。
 人生には、無限の情熱があるだけだ。」  ―Federico Fellini



こんばんは、りかです~
絵になる町並みですね・・・シェフも良い感じに溶け込んでます。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


さて、今日のランチではこんなものが限定登場しておりました~。


*自家製ベーコンのカルボナーラ*

厚切りベーコンの恍惚たる燻製香と、噛んだときのじゅわっと感。
卵のまろやかさとペッパーのアクセント。

昼からなんとも贅沢な一品・・・

もう飲まないとやってられませんね。(´・ω・`)ノ



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



育てていたミニトマトもピークを過ぎてしまいました。

途中、豪雨やアクシデントで落ちてしまった青いトマトが結構あったのですが
追熟できればいいなぁと、放置していた所

1ヶ月ほどで真っ赤になってきました・・・!!



完全なる緑の状態からここまで熟すのは驚きですね。

そういえば、実が付いていた枝が折れた時、
ダメもとで土に挿し木してみたら生き返ったりと
意外とトマトってタフなんですね・・・

ニジュウヤホシテントウ虫以外には、ね。

え?根に持ってなんかいませんよ。ぜんぜん!←





追記


プーリアでのお昼ごはん。
今日ピックアップするのはCibusさん!

 

白亜の美しい町並みを抜け、茶色い石壁の通りをひたすら歩くと見えてくる赤い旗。

着いた!

美食の街であるチェーリエ・メッサーピカを代表するレストランで、
プーリアの郷土料理にもこだわったお店です。

 
早速あれこれ注文。

まずは前菜がズラッと並べられます
いつもこの時点でテンションだだ上がり。



今日はその中のひとつ、ストラッチャテッラにズーム・イン!

 
*ストラッチャテッラ*

うちの店でもたまーに使っているのですが、
こんなにシンプルに、どかんと・・・!


プーリア州で生まれたこのフレッシュチーズ。
超ミルキーでとろとろの食感が魅力!

同じプーリア生まれフレッシュチーズの「ブッラータ」の中身で、
生クリームにほぐしたモッツァレッラチーズを混ぜて作ります。

例のアルタムーラの美味しいパンをお供にするとこれまた美味なのです・・・







日本に帰ってから、お店でも同じ出し方してみましたよ、っと。


ハマる方続出でした。



その他のお料理たち

  

   チーズ庫


最後に鉄瓶出てきた!ここにもクールジャパーン!!



CIBUS ホームページ
http://www.ristorantecibus.it/index.asp


  


Posted by ラテッラ at 22:06Comments(2)料理とワイン旅行記